1. ホーム
  2. 講座一覧/検索

講座一覧/検索

講座を条件から探す

キーワード

ジャンル

カテゴリ

検索結果 9件 ヒットしました

講座 動画 講師 概要
日中異文化コミュニケーション 19 鄭 偉 考え方や行動様式が異なる中国人との間で、いかにしてコミュニケーションを円滑化し、信頼関係を築いていくのか。日本人と中国人の差異を理解した上で、中国人と関係構築するためのコミュニケーション・スタイルを修得します。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ 異文化理解
日タイ異文化コミュニケーション 12 河島 久枝 タイ人の行動が日本人と異なるのはどのようなときでしょうか?この講座ではタイ人の行動や考え方の背景にあるものからタイ人の持つ価値観を学び、ビジネスでよく遭遇する状況ごとの対処法を身につけることを目的とします。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ 異文化理解
グローバル化と国際化の違いを知ることから始めよう! 1 曽根 泰教 なぜ今、あらためてグローバリゼーションなのか。それは、われわれが考える間もなく生活を覆い、日常に定着してしまった現象だからだ。政治学者で慶應義塾大学大学院教授 曽根泰教氏が、グローバリゼーションの意味と対処法を考察する。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ 異文化理解
イスラム、中国、インドの歴史を知らずにいるの... 1 島田 晴雄 「長い間、イスラム文明を学ぶ機会がなかった」と振り返る島田晴雄氏。イランについて調べるため、本を何十冊か読んでいるうちに、大きな発見をしたという。果たしてその発見とは?かつて世界を支配した偉大なイスラム文明にスポットを当てながら、中東での貴重な体験をもとに知力を身に付けることの必要性を説く。 ※ 「テンミニッツTV」では全5話をご提供していますが、本サービスでは第3話、第4話、第5話のみのご提供となります。第3話は「イスラム、中国、インドの歴史を知らずにいるのは大問題」講座、第4話は「歴史認識問題 - 現代史を教えない日本、誇張して教える中国」講座、第5話「世界で活躍するために日本の歴史・宗教・文化を知る」でご提供しています。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ 異文化理解
歴史認識問題-現代史を教えない日本、誇張して... 1 島田 晴雄 日本は今、歴史認識問題で中韓と非常に冷たい時代になっている。それは、経緯をたどればすでに片付いている話だが、実は、日本側に大きな問題が一つある、と島田晴雄氏は語る。日中に横たわる歴史を手すりに、日本が抱えている課題と、イスラム国問題を考える。 ※ 「テンミニッツTV」では全5話をご提供していますが、本サービスでは第3話、第4話、第5話のみのご提供となります。第3話は「イスラム、中国、インドの歴史を知らずにいるのは大問題」講座、第4話は「歴史認識問題 - 現代史を教えない日本、誇張して教える中国」講座、第5話「世界で活躍するために日本の歴史・宗教・文化を知る」でご提供しています。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ 異文化理解
世界で活躍するために日本の歴史・宗教・文化を知る 1 島田 晴雄 リベラルアーツの仕上げは、やはり自国の歴史・宗教・文化を知ることにある。外から見た日本がいまだに「獰猛な軍国主義国家」の残像を残していることは、何にもまして知る必要がある。その上で、日本人の精神と生活を支える宗教と文化を知り、説明することが、世界に生きるこれからの日本人には求められているのだ。 ※ 「テンミニッツTV」では全5話をご提供していますが、本サービスでは第3話、第4話、第5話のみのご提供となります。第3話は「イスラム、中国、インドの歴史を知らずにいるのは大問題」講座、第4話は「歴史認識問題 - 現代史を教えない日本、誇張して教える中国」講座、第5話「世界で活躍するために日本の歴史・宗教・文化を知る」でご提供しています。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ 異文化理解
グローバルリーダーのための異文化理解と適応 7 宮森 千嘉子 異なる文化的な価値観をどう理解すればいいのか、ホフステードの6次元モデルを軸に考えます。権力に対する受容性、集団主義か個人主義か、競争原理の中で重視するものは何か、不確実な未知のものに対する不安の感じ方、短期志向か長期志向か、人生の楽しみ方など、国別のスコアを理解することで、コミュニケーションへの足がかりを掴んでいただきます。 ※ 本講座は2021年1月15日をもって公開終了となります。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ グローバルリーダー
意思決定プロセスに見る日米比較 1 山下 万喜 日本人からすると、一見迂遠な手続きに見える意思決定プロセスは、多様な出自を持つ人が出すさまざまなアイデアをまとめ上げていくためのアートだ。アメリカ人の身体に染み付いている意思決定プロセスから、日本人の決断思考に足りないものが見えてくる。海上自衛隊幹部学校長 山下万喜氏による、意思決定プロセスの日米比較論。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ グローバルリーダー
中国海軍と海上自衛隊の意思決定プロセスの違い 1 山下 万喜 アメリカ以外で優れた意思決定プロセスを採っている国はどこか。中国海軍の現状はどう判断できるか。意思決定プロセスの研究は、今後の海上自衛隊に何をもたらすか。海上自衛隊幹部学校長 山下万喜氏が、昨今の軍事情勢と意思決定プロセスの重要性について語る。 無料体験
  • ジャンル グローバル/異文化
  • カテゴリ グローバルリーダー