1. ホーム
  2. 講座一覧/検索

講座一覧/検索

講座を条件から探す

キーワード

ジャンル

カテゴリ

検索結果 16件 ヒットしました

講座 動画 講師 概要
ビッグデータの実用化 3 柳川 範之 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授の柳川範之氏が、ビッグデータにおける経済的な効果について解説する。人工知能の機械学習の発達に伴い、ビッグデータに注目が集まっている。ビッグデータは動学的規模の経済性を生じさせ、企業の間に学習効果の実現競争をもたらすだろう。いかにして大量のデータを集めるのかが重要だ。 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
AIがもたらす社会・企業変革 4 小宮山 宏 AIによって機械が「目」を持てば、日本の社会やビジネスはどうなっていくのか。東京大学第28代総長で三菱総合研究所理事長 小宮山宏氏、東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏、パナソニック先端研究本部知能化モビリティプロジェクト室総括部長 岩崎正宏氏が、それぞれの立場から展望を語った。(2016年11月30日開催 三菱総研フォーラム2016鼎談「AIがもたらす社会・企業変革」より) 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
AIで社会・ビジネスはどう変わる? 4 松尾 豊 コンピュータが囲碁のプロ棋士を破るなど、近年のAI(人工知能)の発達はめざましく、ニュースに事欠かない。しかし、東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏は、過度な期待をすべきではないと言う。昨今のAIの進化を支えている核心は何か。それは日本のビジネスにどんなインパクトを与えるのか。この領域のホープが、AIがもたらす未来予想図を描く。(2016年11月30日開催 三菱総研フォーラム2016講演「AIで社会・ビジネスはどう変わるか?」より) 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
2019年ディープラーニングの最新事情 1 松尾 豊 近年、画像認識の精度が非常に上がっているディープラーニングだが、現状はどうなっているのか。「世界モデル」「AutoML」「多数パラメータの科学」といったキーワードを挙げて、ディープラーニングの最新の動向について解説する。 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
AIと人間の働き方の関係 1 柳川 範之 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授の柳川範之氏が進化目覚ましいAIと人間の働き方の関係について解説する。最近よく、人間の仕事がAIにとって代わるのではないかといわれるが、柳川氏は人間の能力を必要とする分野は残っていくと語る。重要なのは、それぞれの特徴を生かし、うまくコラボレーションしていくことなのだ。 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
知能と進化 7 長谷川 眞理子 総合研究大学院大学長 長谷川眞理子氏と、東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏の対談において、次に問題となったのは、人々が何かを認知する際に把捉される「意味」についてであった。人工知能(AI)は「意味」を理解できているのだろうか。 ※ 「テンミニッツTV」では全8話をご提供していますが、本サービスでは第2話、第3話、第4話、第5話、第6話、第7話、第8話のみのご提供となります。 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
ディープラーニング産業論 1 松尾 豊 「農業も建設も食品加工も、究極的には全工程が自動化される」と東京大学大学院特任准教授 松尾豊氏は言う。それはなぜか。どのように起こるのか。松尾氏が「眼を持った機械・ロボット」の未来を語る。 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
IoT・AIが社会を変える 1 伊藤 元重 東京大学名誉教授で学習院大学国際社会科学部教授 伊藤元重氏が、経済学者の視点から社会変化と技術革新について論じる。アメリカ経済も日本経済も、技術の停滞に伴う低成長に長いこと苦しんできたが、ようやくAIやIoTなどの技術革新が、社会にも経済にも変化をもたらし始めた。この変化のとき、企業が生き残るために必要なことは何なのか? 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
ディープラーニング最前線 4 松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科准教授 松尾豊氏がディープラーニングの最前線と今後の可能性について解説する。「囲碁で人工知能が人間に勝つにはあと10年はかかる」といわれていた中、人工知能の「アルファ碁」がトップのプロ棋士に勝利。人工知能の急速な進化の鍵を握るディープラーニングの認識技術の核心に松尾氏が迫る。 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ
スーパースターの経済学とAIの可能性 1 伊藤 元重 さまざまな分野で「格差拡大」についての議論に接する機会が増えている。決して高くはない給料で地道に毎日コツコツ働く学校の先生やサラリーマンがため息をつきたくなるのは、「スポーツ長者番付」などに接したときだろう。2016年度版『フォーブス』の発表では、日本人最高はテニスの錦織圭選手で約34億円だという。一体これほどの差はどうして生まれるのか。学習院大学国際社会科学部 伊藤元重教授に解説いただこう。 無料体験
  • ジャンル テクノロジー
  • カテゴリ AI/ビッグデータ