[日経リサーチ] 統計基礎講座 データの「誤差」を知る

提供元:株式会社日経リサーチ

講座概要

講座概要

講師:鈴木 督久 (総時間:51分)

現代はデータの時代であり、市場調査や世論調査などの調査結果をもとに、政策や企業戦略が立案することが当たり前になっています。数字や数値で表現されたデータは客観的な情報に見えますが、そこには「誤差」が存在することを忘れてはいけません。小さな「差」を明らかな差と認識するか、誤差の範囲と認識するかによって、その後の行動が大きく変わることもあり得ます。この講座ではデータが内包する「誤差」についての理解を深め、データを正しく捉えることの重要性を学びます。(2020年10月30日収録)

本講座の構成(動画(6本))